• 携帯電話会社の端末からMVNOに乗り換える時の注意

    携帯電話会社のスマートフォンからMVNOに乗り換える場合、一部例外を除き携帯電話会社のメールアドレスを継続して使えなくなります。



    例えば、携帯電話会社のメールアドレスをログインのIDにしていた場合、乗り換え前に他のメールアドレスに変更する必要があります。


    ログイン自体は携帯電話会社のメールアドレスを知っていれば出来るかもしれません。しかし、サービス提供側のサイトからの情報を受け取る事が出来なくなります。


    大手検索エンジンの提供するサービスでは、二段階認証が採用されています。



    確認コードはスマートフォンのメールアドレスで受け取ります。
    MVNOに乗り換える前にメールアドレスの変更をしておかないと、確認コードを受け取ることが出来ず、サービスを利用できません。


    MVNOに乗り換える前にメールアドレス関連は全て洗い出して、アドレスを変更するなどして対応しておきましょう。


    携帯電話会社よりMVNOは少しサポート面が弱いです。
    初期設定はほぼ自分で行うことになります。作業自体は簡単ですが、予め契約先のサイトで確認しておくと良いでしょう。契約前に補償関連のオプションがある場合、加入しておく事をおすすめします。故障時した時の対応がスムーズになります。MVNOと契約する前に、乗り換え前のメールアドレス変更は行っておきましょう。


    サポートについても契約先のサイトを熟読してどのくらいヘルプがあるのか確認しておきましょう。

    月額料金が安いのは大きなメリットです。



    契約後にトラブルにならないよう気をつけておきたいポイントです。