コウモリ駆除の方法とは

日本に住んでいるコウモリは数種類いますが、比較的民家の近くでよく見かけるコウモリはアブラコウモリ、別名イエコウモリと呼ばれていて、民家の軒下や屋根裏、橋の欄干の下などに住み着き昼間は寝ていますが夜になると活発に行動します。
このアブラコウモリは人間やペットの血を吸ったりして直接危害を加えることはありませんが、コウモリの糞の中にはウイルスや菌がたくさん含まれているので、糞が乾燥して空気中に飛散し人間の体内に入ると健康被害を受ける可能性があるため、家に住み着いた場合はなるべく早く駆除した方が良いと言えます。



とは言ってもコウモリは農作物に被害を与える虫などを食べてくれる益獣として鳥獣保護法で守られているため、コウモリ駆除と言っても捕獲したり殺してしまう事はできません。


どのようにコウモリ駆除を行うかというと、コウモリが嫌いな臭いのする忌避剤や燻煙剤などを使ったり、コウモリの苦手な超音波を発生させたりして追い出すしかありません。



これらはあくまでも一時的な効果しかないので、追い出した後はなるべく早く侵入口を塞いで再び侵入して住み着くのを防ぐのです。



侵入口はパテで穴を埋めたり、金網で塞いだりするのですが、素人では侵入口を見つけることが難しいことや、作業が高所で危険なためコウモリ駆除を扱う専門業者に依頼する方が賢明と言えるでしょう。

専門の業者であれば駆除にかかる時間も短く、確実性も高いうえ保証なども付いている所もあるので安心です。