コウモリ駆除をするには

夕暮れになると飛び立ち始めるコウモリは日中屋根瓦と屋根地の間や屋根裏、小さな壁の隙間等でじっと身を潜めています。


日暮れになると巣から飛び立ちますが夜明けまでには同じ場所に戻ってきます。

身を潜めているだけなら害はありませんが、コウモリが潜んでいる周辺には糞が大量にある事が多く、悪臭がします。



酷い場合には糞などによって屋根板が腐食してしまう事がある為、コウモリ駆除する必要がありますがコウモリは保護動物の為駆除は出来ません。



コウモリ駆除が出来ないという事は追い出すしか方法はありませんが、追い出すにはまずいる場所を特定する必要があります。
コウモリは頭が入る程度の穴が開いていれば中に侵入することが出来ます。その穴は非常に小さい為、地面から確認するのは非常に難しく発見する事はほぼ不可能です。



簡単に確認するには夕暮れに出てきそうな箇所をずっと見張っておく事ですがなかなか時間と根気のいる作業です。

発見して追い出そうと思っても市販のコウモリ撃退スプレーは持続時間に限りがある為一度追い出しても穴がある限りまた戻ってきます。
そこで、コウモリ駆除を専門に行っている業者に依頼する事で確実にコウモリを追い出すことが出来ます。

専門の業者なのでどの辺りに潜んでいるか、どこに穴が開いているかよく知っていますし、いろいろな経験から自分達では考えられない方法などで追い払ってもらえます。
きっちり追い出して綺麗な家で安心して生活することが出来ます。